会社のビジョン

総合エネルギー企業として、エネルギーの地産地消を実現した、
スマートシティをつくります。

2016年4月の電力小売自由化に伴い、地域密着型の電力会社である「水戸電力」を立ち上げ、エネルギーの地産地消を実践。水戸市と協定を結び、市施設の屋根や調整池を太陽光発電用に借り受けるなど、地域の電力会社ならではの取り組みを続けると同時に、九州や関西へのエリアへ参入し事業拡大を続けていきます。さらに「VPP(バーチャル・パワープラント/仮想発電所)事業」にも着手し、現在ソフトバンクグループと共に実証実験を行っている最中です。これはIOTを活用した効率的な電力コントロールを目指す国の補助事業です。また、事業運営に必要なエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄うことを目標とする「RE100」企業の増加を見越した「再エネ価値」の取引や、一般住宅の屋根に「投資」して太陽光パネルを普及させるPPA事業など、次代を見据えた新たな取り組みも次々と展開しています。このように当社ではグリーンエネルギーの創出と供給のみならず、蓄電池の普及や、エネルギーをより活用するためのインフラ整備に向けても積極的に取り組み、地域のエネルギーを循環させ、地域経済の活性化を推進します。これらの事業はすべて、「スマートシティ」の実現に向けたもの。総合エネルギー企業として、地球の未来を担っていきます。

VPPのしくみ

VPPとは、各地に分散している創エネ・蓄エネ・省エネリソース(太陽光、蓄電池、デマンドレスポンス等)を、IoTを活用して統合制御し、あたかも一つの発電所のように機能させることをいいます。

Copyright©SMART TECH All Rights Reserved.

【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】