VISION

総合エネルギー企業として、

エネルギーの地産地消を実現したスマートシティをつくります。

2016年4月の電力小売自由化に伴い、地域密着型の電力会社である「水戸電力」を立ち上げ、エネルギーの地産地消を実践。水戸市と協定を結び、市施設の屋根や調整池を太陽光発電用に借り受けるなど、地域の電力会社ならではの取り組みを続けると同時に、九州や関西へのエリアへ参入し事業拡大を続けていきます。さらに「VPP(バーチャル・パワープラント/仮想発電所)事業」にも着手し、現在ソフトバンクグループと共に実証実験を行っている最中です。これはIOTを活用した効率的な電力コントロールを目指す国の補助事業です。また、事業運営に必要なエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄うことを目標とする「RE100」企業の増加を見越した「再エネ価値」の取引や、一般住宅の屋根に「投資」して太陽光パネルを普及させるPPA事業など、次代を見据えた新たな取り組みも次々と展開しています。このように当社ではグリーンエネルギーの創出と供給のみならず、蓄電池の普及や、エネルギーをより活用するためのインフラ整備に向けても積極的に取り組み、地域のエネルギーを循環させ、地域経済の活性化を推進します。これらの事業はすべて、「スマートシティ」の実現に向けたもの。総合エネルギー企業として、地球の未来を担っていきます。

VPPのしくみ

VPPとは、各地に分散している創エネ・蓄エネ・省エネリソース(太陽光、蓄電池、デマンドレスポンス等)を、IoTを活用して統合制御し、あたかも一つの発電所のように機能させることをいいます。

OUR STRENGHTS

社員を大切にする

頑張ったら頑張った分だけ評価される。当社の考えは、「評価されるべき人がきちんと評価される」ことです。会社に貢献=頑張っている社員を評価する環境が、若手をより大きく育てると考えます。若手がグングン伸びている当社では、年齢や社歴に関係なく頑張りに応じて重要なポジションを任せる体制があるのでキャリアアップできる環境が整っています。プロジェクトの立ち上げ支援に携わったり、海外事業をお任せするなど、意欲があれば様々なことに挑戦できる環境があなたを待っています。社員一人ひとりをしっかりと評価する制度がスマートテックにはあるので、高いモチベーションを保ちながら活き活きと働くことがでます。

スマートテックは業界のリーディングカンパニー

他社には真似できない独自サービス

株式上場や海外ビジネスも視野に入れながら、常に新しい事にチャレンジし、ユーザーが求めるサービスを提供する事で、グリーンエネルギーの可能性を広げ、創出と供給のみならず、蓄電池の普及や、エネルギーをより活用するためのインフラ整備に向けても積極的に取り組んでいます。また既存サービスにプラスαを乗せた電力のサービスを掛け合わせることで、他社とは一線を画す付加価値のあるサービスを提供し、ブルーオーシャンを確立しています。

Copyright©SMART TECH All Rights Reserved.

【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】