オフィスの環境整備から文書入力・管理、営業のサポートまで、
会社全体をバックアップします。

経験が成長に

業務運用課へ配属された当初は、新電力事業という言葉への馴染みが薄く、業務のイメージが湧きませんでした。電力や契約関連の知識を先輩社員から教わりながら、不明点はインターネットや本を読んで新電力という事業の理解を深めていきました。私の中の事務のイメージは与えられた仕事を行うことでしたが、新電力事業ではそのようなことはなく、自分で考え行動する必要があります。また、関連知識がなければ仕事ができないことも痛感しました。中でも電力や光に関する約款は難しく、苦労しました。しかし、自分で考え行動するという経験や、先輩のサポートも加わり、この2年間で成長を感じることができるようになりました。

挑戦に失敗はつきもの

当社の特長といえば新しいことに挑戦することですが、挑戦に失敗はつきものです。中にはクレームなど、ひとりでは対応できないこともありますが、お客様のご意見に誠心誠意耳を傾けることで、「応援してるから頑張って」と暖かい言葉を言って頂けることもあります。このような言葉を励みに、少しでも改善できるよう日々努力をしています。

Please reload

指導や研修で結果がついてきた

新電力事業部へ配属、と決まったときは具体的にどんな業務を行っているかの想像が難しいな、と思っていました。私の仕事内容は、大雑把に言えば電気を供給するための手続きを行う、それに伴い電気料金の請求業務を行う、という内容です。今まで電気というものは当たり前に使っているもので、そこに対する知識は無いも同然だったので、電気について知ることにまず苦労しました。

自信が無くても大丈夫

配属後、事業部の方々に色々教えて頂いたり、本やインターネットで勉強をしたりしましたが、実務と知識を結び付けられるまで随分時間がかかりました。知らないこともまだまだ多いため、日々勉強しながら業務を行っています。請求書の発行スケジュールの関係上、月末月初が毎月繁忙期となり、その時期は業務が立て込みます。そして、無事にスケジュールどおり請求書の発行が終了したときは、とてもほっとします。常に反省点や改善できる点を考え、次月の業務に生かせるように、と意識しながら業務を行うようにしています。

Please reload

近藤の場合

基本的には実家に帰ったり、友人と遊んだりして休日を満喫しています。家では撮り貯めたドラマやバラエティー番組を見て思いっきり笑ったり泣いたりします。私は社員寮に同期と一緒に住んでいるのですが、笑い声が隣の部屋まで聞こえることもあるらしいです。また、会社帰りにヨガやピラティスをしてストレス発散しています。

Please reload

千葉の場合

月に何回か、美味しいお店を探すことが好きな友人と、食事を楽しみます。また、気が向いたときに適当な電車に乗って辺りを散歩しています。東京には知らない場所やお店がたくさんあるので、いろいろな場所へ行ってみたいなと思っています。

Please reload

Copyright©SMART TECH All Rights Reserved.

【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】