幅広い業務を経験することで、
新電力営業のエキスパートになることが出来る。

知識や業務を覚え、初めての契約へ

新卒で入社して新電力事業部へ配属となり、社会人としても始めてなことばかりで、気を引き締める場面が多々ありました。当時は電力自由化が注目されていた時期でもあり、電力ビジネスの知識や業務を覚えることに苦労しました。業界用語や制度、法人のお客様へ訪問する際の基本的なルールなど苦労した反面、電力ビジネスの最先端な情報や経験を積むことができました。そして何より初めて契約を結んだ時の嬉しさは今でも覚えています。

日々、実感できる成長

法人相手なので、さまざまな業界・業種の方と接する機会が多いこともひとつの楽しさです。商談相手は代表者や部門長、総務や経理担当などさまざまです。担当者によってご提案の仕方も変わってくるので、自分自身で判断できるようになったときのやりがいはとても大きいです。電気の使い方などのヒアリングはもちろん、電力についてお客様が思っていることへのアドバイスなど幅広い話をすることができます。その他にも電話対応やメール対応などの基本的な部分も業務として当然あるので、日々改善する部分として成長できると思います。

Please reload

サッカー応援から、応募へ

茨城県出身の私は、大学時代を県外で過ごしましたが、地元で就職することを望んでいました。Jリーグの水戸ホーリーホックを応援していた私は、スタジアムの看板でスマートテックの存在を知りました。就職活動をしていた時期に、茨城県を中心とした地域の電力会社「水戸電力」が立ち上がったことを知り、応募を決めました。

地域密着型の営業スタイル

水戸電力は、「地域密着」というヴィジョンを掲げており、地元での就職を希望していた私にぴったりな環境でした。企業を中心とした新電力での営業活動はもちろん、水戸環境フェアなど地元イベントへの参加といった活動もあり、地域に貢献していると感じます。新電力として、電力自由化がまだ一般的に馴染みの薄い時期から営業を始めておりました。始めは電力を切り替えることに疑問を抱いていたお客様が、切り替えのメリットを理解し、契約をしてくださった時は私の提案が伝わったと感じる嬉しい瞬間です。これからも茨城県を中心に活動をしていきますが、電力だけでなく「地域密着」という付加価値をアピールしていきます!

Please reload

江守の場合

ドライブが好きなので基本的には車で外出します。人生で一番高い買い物だったので週1回の洗車は欠かしません。友人と地方の温泉に行き観光巡りをすることもあれば、私の地元である大好きな横浜へ一人でショッピングへ行くこともあります。最近では気になる本があったら購入して、自分自身にインプットできるよう訓練しています。

Please reload

長谷川の場合

高校時代から応援している、Jリーグの「水戸ホーリーホック」の試合観戦が大きな楽しみです。試合以外にもスタジアムイベントやチームのグッズをチェックする時間が好きです。時にはアウェイの試合まで応援に行くこともあり、週末は熱く戦う水戸の選手たちに元気と勇気をもらっています!

Please reload

Copyright©SMART TECH All Rights Reserved.

【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】